便秘対策

最近飼っている猫の様子がおかしい、ウンチも2日以上していないみたいだし、トイレの前でそわそわしている、普段から元気が無いなどと感じたら猫の便秘を疑ってみて下さい。猫も人間同様、食生活、運動不足やストレスなどで便秘になります。飼い主が普段から猫の行動を注意深く観察してあげることで便秘を予防したり、改善したりすることが可能です。

猫が便秘しているのではないかと感じたら、まず食生活の部分から見直してみましょう。もしかしたら便秘の原因は今食べているキャットフードかもしれません。そういった場合はキャットフードの見直しが必要ですので、繊維質が多めに含まれているキャットフードを与えてみましょう。その場合に気を付けたいのが一緒に摂る水分の量です。水分を多めにとるように注意することによって、便秘が改善する可能性も高まります。そして運動不足などにも充分に気を付け、適度な運動量を保てるように気を付けてあげましょう。

便秘をそのまま放置してしまうと、ウンチが大腸に溜まってしまい巨大結腸症と呼ばれる病気になることもあります。便秘状態が2日以上、または硬いウンチが3日以上続くとそういった病気の可能性もありますので自己判断せず、まずは獣医に診てもらいましょう。